PC、スマホでどこからでも気軽に内見・内覧オンラインリモート内見好評受付中!

whaowhaoハピネスレポート

ハウス情報
2020/08/25

日本経済新聞でシェアハウスが特集されました。

日本経済新聞でシェアハウスが特集されました。
インターワオが考えるソフト面でシェア生活スタイルに近い形です!

 

日本経済新聞でシェアハウスが特集され、タイトルは「友達以上家族未満のシェアハウス」。

こちらで紹介されているシェアハウスでは、誰かが外出するときには「いってらっしゃい」と声掛けをしているそうです。

 

シェアハウスの特性として、「初期費用が安い」「家具家電付き」といった「コスト面でとてもお得」というのは、昔も今も変わらないメリットではありますが、ここ数年の傾向を見ていると、それだけでシェアハウスを見にきている人がだんだんと少なくなってきていると思います。

 

では、いったいなぜ皆さんはシェアハウスを見に来ているのか。

 

よく皆様から聞くのは、

●一人だと寂しいけど、シェアハウスなら電気もついているし、誰かがいるという安心感がある

●家に帰っても誰かとご飯を食べたり、遊んだり、話をしたりと、リラックスできる空間がある

●国際交流がしてみたい、友達を作り色々な業種や国籍の方と情報交換したい

等といったイメージをもって、見に来られる方も多いです。

 

そうゆう印象をもって来られた方が実際に住んでみると、「イメージ通りだった」という声をよく聞きます。

 

昔は、

●安い

●気軽に入居・退去ができる

という物理的・経済的に優しいシェアハウスという形態から、

 

今では、

●誰かとある体験・経験を共有できる(またはそこでしか出来ない経験がある)

など、目に見えないものを求めて、シェアハウスに興味を持つ方が増えてきているように感じます。

 

実際、弊社では数多くのイベント・パーティー(詳しくはハピネスレポートをご覧ください!)を行ってきていますが(今はコロナのために自粛しています・・・)、みんなで何かをする経験・体験を通して、互いに仲良くなり、挨拶や会話や時間を一緒に過ごすようになったという人をたくさん見てきました。

 

家や住空間をシェアするだけでなく、空気・空間・体験・時間等までもシェアするのが、本当のシェアハウスではないのかと私個人は考えます。

 

 

  • 書いた人
    日本経済新聞でシェアハウスが特集されました。

    Mori (インターワオスタッフ)

  • シェア
    ハウス
whaowhaoハピネスレポート
カテゴリー
最新レポート
オススメシェアハウス
  • 京浜東北線大森駅から徒歩8分!品川まで約6分。東京・渋谷・新宿まで30分以内の抜群のアクセスです!物件周辺にはスーパーとドラッグストアがあるので日々のお買い物には困りません。
    2021年2月にはリモートワークの需要に応えるために、【ワーキングラウンジ】を改装OPEN!ハウスの中でコワーキングスペースが使えるので大変便利になりました!

    仕事面もプライベート面も充実させたい方にとてもおすすめの物件です!

  • 羽田空港国際線ターミナル駅まで3駅4分と世界の玄関口に間近。大鳥居駅から信号なく徒歩3分。羽田空港まで7分、品川駅まで14分、東銀座駅まで直通28分。羽田図書館も徒歩2分と、休日の暮らしも充実させることができます。2階はコンパクトにまとまった女性専用ドレッサー室や女性専用シャワー室もあり、ビジネスウーマンにも利用勝手とても良しです。

  • 全室6帖で陽当たり良好!トイレ・シャワーは男女別となっており、物件入口もオートロックなので、女性にとっては嬉しい物件かと思います。駅が近いため、スーパーやコンビニ、本屋やドラッグストア、カフェなども多数点在しているので買い物に困りません!電車一本で品川や横浜までも行けるのも便利ですね♪

共同生活経験者!インターワオの頼れるハウスマネージャー紹介!
春の新生活お祝いキャンペーン
渋谷アクセス抜群